人気ブログランキング |

岩ガキの「なかがみ養殖場」を訪ねる

2012.5.3.
西ノ島の珍崎(ちんざき)という集落にある「なかがみ養殖場」の中上光さんを訪ねました。岩牡蠣の出荷作業で「鉈(ナタ)」を使われると聞きいたからです。
中上さんは日本で初めて岩牡蠣の人工種苗による養殖をされた方だそうです。

この頃の私達は沖光さんとおつき合いする中で、道具だけでなく、それを日常的に使っている方々に、より惹かれ始めているようです。そこで沖光製にこだわることなく、
「島でどんな方が、どんな道具を使っておられるのか」ちょっと訪ねまわっています。

岩ガキの「なかがみ養殖場」を訪ねる_a0122123_18294614.jpg
まず目についた「鉈(ナタ)」
隠岐鉈ではありません。これは軽トラックの板バネから手作りのものだそうです。鉈の峰をゴム槌などでたたくと、普通の鉈では潰れてしまうが、これだと潰れないそうです。地金が付いてないからかな。あと重さや重心も使う人よって工夫されていました。すばらしい。

岩ガキの「なかがみ養殖場」を訪ねる_a0122123_18401473.jpg
こんな道具もありました。鉈というか包丁と呼ぶべきか。
岩ガキの「なかがみ養殖場」を訪ねる_a0122123_18423150.jpgこれらはどれも海中からあげた岩ガキの塊を、1つずつに分解していく道具ただそうです。


岩ガキの「なかがみ養殖場」を訪ねる_a0122123_18462982.jpgこちらは一個ずつに分けた岩ガキを磨く道具。研磨機ですがワイヤーブラシの親分みたいなのは、貝専用のものだそうです。

岩ガキの「なかがみ養殖場」を訪ねる_a0122123_18564640.jpgあとは持ち帰って食べる行程です!貝開きの道具で貝柱を切り、殻をとります。これは各ご家庭で使いやすいものを使っておられます。
岩ガキの「なかがみ養殖場」を訪ねる_a0122123_194962.jpg

焼火の宮司さん宅では、「果物ナイフが一番!」とのこと。
また波止の松新さん宅では「カキ用はこれ!」と専用の道具が。さすが。やはり道具は使ってこそ生きますね。それぞれのこだわりが面白いです。

岩ガキの「なかがみ養殖場」を訪ねる_a0122123_1921539.jpg
この日、当然のように島のみなさんと岩牡蠣パーティーになりました。

by satetuno | 2012-05-09 19:23 | 人と道具  

<< 宮地さんの道具 使われている鍛冶製品 >>